TEL

自律神経

交通事故によるムチ打ちなどで首を痛めたり、俯きがちな姿勢が続くことで、脳の一部である間脳(かんのう)にストレスを与えてしまいます。そうすると、この間脳を構成する視床下部(ししょうかぶ)に不調が起きてしまうのです。この視床下部こそ自律神経を調整し、人間の体温や血圧、心拍数、性行動、睡眠、ホルモン・バランスの調整などをコントロールしているのです。

自律神経とは、手や足を意識して動かす運動神経とは違い、内臓や体温調節など無意識に心身の調整を行ってくれる神経の事です。自律神経は交感神経と副交感神経にわかれます。交感神経は興奮、ストレスの神経とも呼ばれ、運動中や緊張した時など身体が活発に働いている時の神経です。副交感神経はその逆で、安静、リラックスの神経と呼ばれ食事や睡眠時に働く神経です。この二つの神経が天秤のようにバランスを取る事で、人間は日々安定した生活を送ることが出来るのです

この自律神経を調整する機能のある間脳(視床下部)は不規則な生活習慣やストレスにとても弱いので、心因的な要因(心の病)や、外因的な要因(首のケガなど)で、簡単にバランスが崩れてしまうのです。そうすると睡眠障害、めまい、吐き気、血行不良、生理不順、または「何となく調子が悪い」などという症状を引き起こすことに繋がるのです。
自律神経のバランスが崩れると、体を休めることが出来なくなり、自己治癒力(自分を治す力)を低下させる原因になってしまうのです。もちろん、頭の痛みもその最たる症状なのです。

つまり、なかなか良くならないこじれた頭の痛みを改善するには、この自律神経のバランスを整えることが、カギといえるでしょう。