TEL

薬の依存症

 頭痛薬を飲み過ぎることで起きる頭痛があります。これを一般的に「薬物乱用頭痛」とか、「薬物依存頭痛」いいます。
痛みの発作が起きることが怖い為に、頭痛薬や市販の鎮痛剤を予防的に服用し続け、飲み過ぎてしまうことで、このように却って毎日頭痛に悩まされるような症状に陥ってしまうのです。

薬物依存頭痛が疑える症状

○頭痛薬や鎮痛剤を月に10日以上服用している
○頭の痛みが以前より悪化している
○月の半分以上に何らかの頭の痛みがある
○薬がどんどん効かなくなってきた
○何の効果のある薬が分からないが、気休めに飲み続けている

当たり前ですが魔法の薬なんて実在しませんし、薬には何らかの副作用があります。飲み続けていたら抵抗が出来て、効果が期待出来なくなりますし、服用し続ければ胃や肝臓などの他の臓器を悪くしてしまうことがあります。

さらに多くの方が勘違いされておりますが、痛み止めは頭痛を治す薬ではありません!
痛み止めが効くからといって、頭の痛みをまぎらわせているということは、とても危険な行為なのです。何らかの痛みは「身体の不調を訴えるシグナル」です。それを無視して、痛み止めでまぎらわせるという行為を続けるということは、黄色信号や赤信号を無視して道を走り続けるようなものです。そのような行為は、いつかは大きな事故を招くまで止まれない、恐ろしい結末を迎えることになるのかも知れません。

だからといって今まで長い間飲み続けていた頭痛薬を急に中止することは、「離脱症状」を招く恐れがあるとても危険な行為です。
「離脱症状」とは今まで飲み続けていた薬を急に中止することで、反動で逆に頭の痛みが激しくなったり、震えが止まらなくなったり、吐き気やめまいを引き起こすこともある恐ろしい症状なのです。
ですから長年飲んでいた薬を急に中止するよりも、医師の指導の下、徐々に薬を減らすことをお勧め致します。
この離脱症状の症状が怖い為に、薬物依存からの頭痛からなかなか抜け出せない患者様が多いのです。