TEL

スタッフ紹介

銀座ぽっかぽかのスタッフ紹介します。

▲ 院長 茂田 真吾

▲ 副院長 木村 聡太

▲ 茂田 結子

▲ 町田 千明

頭痛は薬を飲んで我慢するものではありません。きちんと原因を突き止めれば、必ず改善するものですので、是非一度ご相談にいらして下さいね!

治療家としての年表

1994年
後楽園ホールにてプロレスデビュー
1995年
総合格闘技のリングでエンセン井上戦。頭部へのパンチの連打で、病院送り。
その後半年間頭痛に悩まされる。
1997年
腰痛で歩行不能になり、引退。
1999年
住み込みで整体師の修行を始める。その後、中国北京の大学に短期に留学。
2000年
埼玉県さいたま市にて、ぽっかぽか整体院を開業。
2001年
東京都北区赤羽にて、ぽっかぽか整体院赤羽店、ぽっかぽか整体学院を展開。
2002年
東京都板橋区小豆沢にて、ぽっかぽか整体院小豆沢ガーデン店を出店。
2003年
東京都台東区浅草にて、ぽっかぽか整体院浅草店を出店。
2007年
整体院事業から健康保険の使える整骨院事業に展開。
北区赤羽にぽっかぽか整骨院赤羽院を開院。
2010年
柔道整復師の国家資格を取得。一時、整形外科での研修に入る。
2012年
東京都葛飾亀有に、ぽっかぽか整骨院亀有院をオープン。
独自に開発した「ぽっかぽか頭痛治療法」を完成させ、施術の目玉にする。
2013年
一般社団法人心と体を元気にする協会を設立。
2014年
作家デビュー。書籍『イカロス流はじめの一歩を踏み出す7つの法則』を出版
頭痛セミナー開催
頭痛整体師養成講座を開講。頭痛治療家の育成に努める。
2015年
書籍第二作目『頭痛は足指でよくなる!』を出版。
頭痛講演会開催
東京都中央区銀座に頭痛専門の治療院「銀座ぽっかぽか」をオープン。
ちばテレビ『ビジネスフラッシュ』に、薬を使わない最先端の頭痛治療家として出演

現役プロレスラーから治療家へ

今から20年くらい前の話になりますが、まだ私が現役でプロレスの
リングに上がっていた時のことです。ある試合で後頭部を殴打され、失神寸前にまで追い込まれ敗北しました。そして、それからなんと半年以上も頭痛に悩まされるツライ日々が続いたのです。

この頭痛で悩まされたエピソードは拙著『頭痛は足指でよくなる!』で詳しくご紹介させて頂いておりますが、結論からいうと、あることをしただけで、あれだけツラかった頭痛の痛みが一瞬で消えたのです!

そのある事とは・・・ちゃんと病院に行って、頭のMRI検査をして頂いたことなのです。

それまでは恥ずかしい話ではありますが、病院に行って検査の結果、「もし脳に異常があったらどうしよう」と不安と妄想に襲われて、病院に行ってきちんと検査を受けることに二の足を踏んでいたのです。

しかし、病院に行き画像検査で脳に異常がないということが分かった途端に、私の頭痛はなくなり、それ以来頭痛に悩まされることはなくなりました。

不思議な事ですが私の頭痛は妄想が生んだものであって、結局その誇大妄想が無くなった途端、一瞬で消えて無くなったのです。

その後、治療家を志すにあたってこの時の不思議な体験を思い出し、頭痛に関心を持つようになり、現在の頭痛専門の治療家への道を歩み出しました。

治療を通して子どもの未来をを応援しています。

当院では、お支払い頂いた初診料の一部を、乳児院への寄付や、児童養護施設の独立支援の為に役立たせて頂いております。

私は、子どもの頃はタイガーマスクの影響で、「孤児のために福祉活動をする!」という夢がありました。

「孤児のために福祉活動」を考え、ボランティア活動と出会い、「ボランティアサークルぽっかぽか」を主催しボランティア活動を行っていました。
銀座ぽっかぽかでは頭痛治療を通して少しでも社会貢献をしたいという考えから、患者さまにお支払い頂いた治療費の5%を児童養護施設の子供達の独立支援や、乳児院の寄付に使わせて頂いております。

「児童養護施設で暮らす子どもたちのために福祉活動をする!」という子ども頃の夢を少しでも果たしていけるようこれからも頑張ります。

皆様とのご縁を大切に、ひとりひとりの理想の生活をお手伝いが出来れば幸いです。

まず一歩を踏出してください。
頭痛のない生活へ全力でお手伝いさせていただきます。

まず一歩を踏出してください。
頭痛のない生活へ全力でお手伝いさせていただきます。