TEL

頭痛の症例

▼ 20年来の頭痛と吐き気がたった2回の治療で改善された患者様の症例【Q&A】

Q:酷い肩こりと吐き気を伴う頭痛に20年来、悩まされております。
マッサージに週二回ほど通っって対処しておりますが、一向に改善しませんでした。
このような症状はよくなりますでしょうか?

A:こちらの患者様の場合、検査とカウンセリングの結果、症状名は緊張性の頭痛でした。そしてそれを引き起している原因は、首の骨(頸椎)の歪みでした。

 首の骨が歪むことで、頭の重さが常に肩に掛かってしまいます。
そうすると肩から首、後頭部が緊張した状態に陥り、後頭部の奥に位置する自律神経を司る「間脳」も緊張状態になってしまうのです。

 その結果、自律神経が乱れることで、頭痛や吐き気などの不定愁訴を伴う頭痛を引き起こしてしまうことがあります。

 こちらの患者様の場合、2回の施術で歪んだ首の骨を元の位置に戻し、「間脳」の緊張をリリースすることで、劇的に全ての症状が改善されました。

EPSON023.JPG