TEL

緊張性頭痛

緊張性頭痛は、肩や首のこりや緊張により、後頭部から首筋を中心に鈍い痛みが起きます。また、頭全体が締め付けられるように痛むこともあります。
痛みは突発性のものでなく、ほぼ毎日、だらだらと続くことが多く、原因としては首・肩から背中にかけての筋肉の緊張や、頭の筋肉が緊張し血管が収縮することによって起きます。
例えば悪い姿勢が続くことで筋肉の緊張が高まると、血管が収縮することで血流が悪くなり血管にゴミ(老廃物)が溜まりすくなります。そして、それが周りの神経を刺激すると痛みが生じてくるのです。
特に、昨今のストレス社会においては、自律神経のバランスが乱れることで、緊張性の発作が起きることが多く見られます。