TEL

頭痛患者様インタビュー

今回快くインタビューを受けていただいた細野様(50歳)は、都内出身の専業主婦さんです。
今は亀有にお住まいとのことで当院からも自転車ですぐの場所に住んでおいでです。

以前のご職業は幼稚園で先生として働いていたそうです。
成人されたお子様が2人いらっしゃるお母さんでもあります。
陶器やガラスなど、あらゆる素材に絵を描く「トールペイント」がお好きで教室にも通っているそうです。

二人目の子どもを産んだ20年前から頭痛が酷かった

― 今までどんな頭痛に悩まされてきたのかお聞かせ下さい。

頭痛の症状を実感しはじめたのは20年ほど前のことでした。タイミング的にはちょうど二人目の子を産んだ頃だと思います。
よく、生理と一緒にお腹が痛くなることがあったのですが、その悩みは二人目の出産後には全く気にならなくなりました。

ただ、その痛みに取って代わって起き始めたのが、「ずーっと続く頭痛」でした。腹痛が消えて喜んだぶん、辛かったです。

はじめは気になるほどではなかったのに…

― どういったタイプの痛みがある頭痛でしたか。

ながーく痛みが残り続けるような、鈍痛が長く続く頭痛です。

鼓動に合わせて痛むタイプなど、色々と頭痛にはタイプがあるみたいですが、私は額やこめかみの部分を万力のような痛みでした。長く同じような痛さが続くタイプですね。

それが、大体生理が来る前後の5日くらいで起きていたと思います。この頃はまだそこまで強い痛みではなかったので、市販の鎮痛剤や頭痛薬で対処していました。

40歳くらいから症状が悪くなり月の半分は頭痛に悩まされる日々に…

― 頭痛がはじまったのはなぜだと思いますか。

いまだに原因はわからないんですよね。なんでだったんでしょうか…。

思い当たる理由としては、出産でホルモンのバランスが乱れてしまった…とか、子供がその時障害を持って生まれてきたことによって、「子育て」に圧迫感を感じてしまっていたのかもしれません。
そのことで自律神経が少し変になったとか。

月一の頻度で起きていた頭痛は、40代になってからそれどころではないくらいに、さらに酷くなってしまいました。

― 酷くなったと言うと、どうなってしまったのでしょうか。

今までみたいな生理の時限定ではなくなりました。天気とか気候が変わると頭痛がはじまって、そのまま短くても2日間は痛みが続きます。長いと5日間位悩まされていました。
そんな状態だったので、もう月の半分くらい、15日くらいですね。半月の間、24時間ずっと頭痛という毎日でした。

今までなんとかなっていた、市販の薬でも効果を感じられなくなったのもこの頃です。
薬になれてしまって効かなくなってしまったのかなと思っています。
ずっと痛みがあるのに薬でも抑えられず、参ってしまうくらいつらかったです。

そんな毎日を過ごしていた時に、知人から「頭痛外来」というものを教えてもらいました。お医者さんなら治してくれるだろう!と思って、足を運ぶことに決めました。

頭痛外来の医師の診断は、想像とかけ離れたものでした…

― 頭痛外来に行かれた感想はどうでしたか。

正直に言ってしまうと、ガッカリだし、納得いきませんでした。

MRIなどの検査で異常がなかったからか、「原因は生理痛ですね」というあっさりとした説明以外、特に何も言ってもらえませんでした。きっと原因を特定してくれる!そんな気持ちでお医者さんに診てもらおうと思ったのに…

そのうえ、「生理からくる痛みですから、閉経するまではうまく付き合っていくしかないですね」と言われてしまいました。
しかも「鎮痛剤って言っても色々と種類がありますよ。自分の身体に合う薬で痛みを抑えていきましょう」という提案をされる始末。
薬が効きづらくなっていた実感のあったわたしはその話にはあまり納得出来なかったんです。

― 納得出来なかったのはどうしてでしょうか。

お医者さんのお話通りにしたら、今まで通り薬に依存する生活になると考えたからです。

今までの経験から、鎮痛剤で痛みを抑えても、その場限りで痛みを抑えるだけで身体が慣れてしまうと効きづらくなるし、さらに強めのお薬に頼るしかなくなる悪循環が待っていると思いました。

当然、強めのお薬ですからデメリットも強いと思うんです。副作用が酷い薬にずっと頼りきりなんて生活はただただ怖いと思いました。

お医者さんは「痛みを耐え続けるよりマシです」だったり、「身体に合う薬を探せばいいんです」と仰りましたが、「今よりも強い薬に頼り続ける」のがどうしてもイヤでした

そんな中でも痛みはあるので、しばらく通院して、実際にお薬を何種類か処方して頂きましたが、どれを飲んでも正直に申し上げて効果をあまり実感出来ませんでした。依然として頭痛は続きました。

その上、お薬代もバカにならない額だったので、自然と病院へ行く回数は減っていきました。

頭痛には以前困らされていたので、次に試したのが近所の整骨院です。
友人から「肩こりは、頭痛の原因になる」と教わったので、「じゃあ整骨院に行ってマッサージしてもらえばいいのかな?」と考えたんです。

実際に行った整骨院の感想

― 足を運ばれた整骨院はどうでしたか。

こちらも正直あんまりでしたね…。

先生には凝っていると言われて、肩周辺をマッサージしてもらいましたが、そもそも私は、あまりマッサージが好きなタイプでもなく、しかも効果も実感できなかったんです。
最たる悩みの頭痛自体が改善されなかったので、結局、整骨院にも足を運ばなくなりました。

年齢で言うと、大体40代の後半に差し掛かるあたりだったと思います。しかも、頭痛はどんどん悪くなるばかりでした。

つらさが頂点に

― 40代後半はどのような状態だったんでしょうか。

結局、改善されていませんから。月の15日、ずーっと頭痛に悩まされていました。
24時間ずっと痛くて、とにかく痛くて、本当に辛かったです…。
家事や育児がありますから、痛いからといって、ゴロ寝しているわけにもいきません。

あまりの辛さに自分の子供にまで「静かにして!」と当たり散らしてしまったことさえあります。
子供は悪くないのに…そんなことを言ってしまった自分が嫌になることが何度もありました。

そんな毎日でしたから、子供にも分かってしまうんでしょうね。「頭が痛いのはぼくのせい?」と聞かれてしまうようにさえなってしまったんです。
私の頭が痛いのは、この子のせいじゃないのに…こんなことを言わせてしまっている自分がもっともっと嫌になりましたね。

頭痛が酷くても休めない。だから子供にもキツくあたってしまい自分が嫌になる。とにかく悪循環でした。

にっちもさっちも行かない毎日を過ごしていた時、主人がチラシを持ってきてくれました。「頭痛専門の整骨院だって!行ってみたらどうかな?」と言われました。
“頭痛専門”の整骨院という言葉自体、正直に言って初耳でした。
とにかく切羽詰まっていたので、祈るような気持ちでとりあえずまずは1回…と足を運んだんです。

茂田先生からの一言

― 初来院時の当院の印象はどうでしたか。

先生からの一言で、「信じて通おう」とそう思いました。
茂田先生は、私の悩みを丁寧に聞いてくださり「治ります」と今まで誰も言ってくれなかった頼れる一言をくださったんです。
お医者さんでも他の整骨院でもダメだったわたしは、この言葉だけで本当に嬉しかったです…

それからの3か月間、とにかく通わせてもらいました。大体4か月目したくらいからは月に3回足を運ぶくらいに落ち着きました。

正直、最初は、あまり結果は上々とはいえませんでした。でも、先生があの手この手と提案してくださり、それを試してみた結果、6ヶ月後には「あの」頭痛が実際に弱まりはじめたんです。

そのあと、1年も経った頃にはあれだけの痛みが、薬なしでおでこに冷えピタを貼るだけで気にならずに生活できるレベルになったんです。ずっと薬には依存しない生活をしたいと願っていたので本当に大きな進歩でした。

今、治療をして頂き始めてから2年目になりました。完全に頭痛がなくなったわけではありませんが、「痛みが長引く」なんて悩みは全くなくなりました。もちろん、頭痛になる回数、持続する長さ、痛みの強さなどの全てが改善されました。

心から、あの時チラシを見て来て良かった…そう思っています。

― 茂田先生に質問があります。細野さんの頭痛がかるくなったのはいったいなぜでしょうか。

何よりも、精神的に安定した(気の持ちようが改善された)というのが、細野さんの頭痛が軽減されたの最大の理由の一つでした。意外に思われるかもしれませんが、頭痛の改善には、「心を平安に保ちつづける」ことが大変重要です。

これは、わたし自身の頭痛治療の経験を通じて体感したことです。

― 2年間通ってた上での評価や感想をお教えください。

治療の内容がとにかく多彩でした!1つダメでも次、それがダメでも次とどんどん出てくるんです。

例えば、病院の場合は「薬の処方」以外には何もしてもらえませんでした。その後に通った整骨院についてもマッサージ以外は何もして頂けなかったですね。

なので、私のように「その方法」で改善されない=もう何も出来ないとなってしまうんですよね。
それもそのはず、それしか手段がないからです。

そんな中、茂田先生は他とは違いました。さすが、頭痛専門ですね!1つダメでも、次はコレ、その次はコレ…と、多種多様な施術で改善に導いてくれました。

【茂田】:頭痛を引き起こす根本は決して1つではありません。
     実際、昨日の頭痛と今日の頭痛で原因が全く異なることもあるんです。
     原因が1つでないわけですから、施術のアプローチも複数あるべきだと考えています。
     結果として、「引き出しの多い治療」に自然とたどり着いたんです。

【細野さん】:私の頭痛の根本的な原因がなにかを教えて頂けて助かりました。

あまりにも症状が深刻な時期には、もしかして「くも膜下出血」や「脳梗塞」という重症なのではないかと悩んでしまったりしていました。そんな悩みのせいで精神的にもプレッシャーを感じて、さらに症状が悪化する。そんな悪循環が起きていたんですね…。

でも、頭痛の原因が分かった今では、そんな必要のない悩みがスッキリなくなったおかげで、精神的にも安定し、「メンタルの安定による頭痛の改善」につながっていると感じています。

先輩ユーザーからのアドバイス

― これから頭痛の治療を考えている方に、
  先輩からのアドバイスとして何かあればお教え下さい。

茂田先生の治療は、「これほどの種類があるなら、何かしら効くだろう!」と納得するくらいに施術内容が多彩ですので、本当に足を運ぶ価値があると思います。

わたしは、院内の暖かい雰囲気も好きです。
茂田先生はもちろんのこと、スタッフの皆様も、気兼ねなくお話が出来る雰囲気だから、すごく行きやすいんです。

― 細野さんのこれからの夢があれば教えてください。

閉経したら生理痛はなくなるわけですよね。私は今ちょうど50歳ですから。あと大体5~6年くらいでしょうか。
その時は、散々悩まされてきた頭痛もさっぱりきれいになくなってほしいな~とそんなことを考えてます(笑)

実は将来、沖縄へ移住することが主人との夢なんです。
たくさんの島を旅行して、1番気に入った移住先はどこか、研究しているんです。

この頭の痛みが消えたら、そんな夢も叶うかもしれませんね。
すごく大きい夢ですけれど…。

茂田先生、おかげさまで20年間、どんどん悪化の一途をたどっていた頭痛が、ずいぶんと改善されなりました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
また、同じようにつらい苦しい頭痛の諸症状に悩んでいる方々を1人でも多く救って差し上げて下さい!

※施術効果には個人差があります